ホームページを開設致しました。

CMEDの在宅医療

地域包括ケアシステムの一翼を担います

CMEDは、患者さまを中心とし、医療機関·訪問看護ステーション·介護施設等と密に連携できる地域包括ケアシステムの体制づくりへ積極的に参画しています。

地域医療を支える「かかりつけ薬剤師」として在宅訪問を行うことで、服薬情報の一元管理や多剤·重複投薬の防止、残薬解消等の役割を担うことが出来ます。

薬局へのご相談から在宅訪問の流れ

STEP
薬局にご相談

患者さまの現状、お薬の管理、服用でお悩みのこと、些細なことでもご相談下さい。

STEP
医師の処方せんに基づきお薬の準備

医師と連携、相談し、最適な医療をご提案いたします。

必要に応じて衛生材料のご用意も可能です。

STEP
患者さまのご自宅にお届け·管理

お薬が出来次第、お薬のお届け·管理、又、体調、お薬による影響なども確認します。

STEP
医師·ケアマネージャー等への報告

医師やケアマネージャー等へご報告を行い、患者さま一人ひとりにあわせた最適な医療を連携·サポート致します。

このようなお悩みありませんか?

お薬の管理が大変···

家に沢山お薬が余っている

飲み忘れ·飲み間違いが多い

手元のお薬やサプリメントについて相談したい

薬局まで取りに行くのが大変だ

CMEDでは患者さま、医療・介護に携わる皆様からのお悩みを解決いたします!

薬剤師がご自宅に訪問し、お薬のお届け·管理を行います。

患者さまの状態にあわせて、お薬の管理方法などの見直しを行います。

Q & A


よくある質問

在宅医療、訪問薬剤師とは

薬剤師が医師と同行、あるいは単独で患者さまのご自宅や高齢者施設を訪問します。

薬剤師がご自宅に訪問し、他の医療従事者と連携しながらお薬のお届け・管理を行い、患者さまの状態に合わせたお薬の見直しを行います。

薬の管理が大変なのですが、具体的には何をしてもらえますか?

お薬箱やお薬カレンダーなどを活用し、お薬の管理をお手伝いします。

1回に何種類かの薬を服用する場合、1回服用分ごとに袋におまとめ致します(一包化)。

お手元に余ってしまったお薬を確認し、処方数を医師と相談し調整致します。

費用はどのくらいかかりますか?

介護保険を利用した場合。

居宅療養管理指導を利用したサービスとなり、通常のお薬代に加え、介護保険で定められた費用を利用者さまよりご負担頂きます。

介護保険をご利用の方(一割負担の場合)※訪問一回につき

単一建物居住者1名517円
単一建物居住者2~9名378円
単一建物居住者10名以上341円

医療保険をご利用の方

単一建物居住者1名650円
単一建物居住者2~9名320円
単一建物居住者10名以上290円

※居住地や公費等により負担金が変わる場合がございます。

※麻薬管理が必要な方は、1割負担の方の場合で上記料金に100円が加算されます。

※別途交通費が発生する場合がございます。

在宅医療に関するお問い合わせは、各店舗スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

FOR PHARMACY


薬局企業さまへ

弊社では、外部研修として若手薬剤師向けの在宅医療研修を行っております。

COURSE


在宅医療特化薬局での在宅研修

コース内容

若手薬剤師が在宅医療に触れることで、他職種とのコミュニケーション強化や外来での投薬時に背景を慮る能力を向上させることを目的とします。

5日間コース

10日間コース

20日間コース

10日間コースを2週

※全てのコースに、研修後のアフターフォローを含みます。

希望に合わせたプログラムにアレンジすることも可能ですので、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

sterile preparation


無菌調剤研修

無菌調剤の実際や、周辺医療機器の知識を学び、無菌調剤を通して医療機関との連携ができるようになることを目的とします。

各4コマ 計12時間

※全てのコースに、研修後のアフターフォローを含みます。

希望に合わせたプログラムにアレンジすることも可能ですので、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。